aaaaaa

2010年05月25日

憚りながら

どうも。ダイエット中のメタボです。

いつもは食べ物のことばかりを書いてるんだけど
今日は読んだ本のことを書きます。
実は僕、小さいころからけっこう読書家なんです。
今でも月に5〜10冊は必ず読むんです。

今回読んだのは、出版前から話題になっていた
武闘派、経済ヤクザとして知られた元山口組系後藤組組長、後藤忠政氏の著作
「憚りながら」っていう本。

憚りながら

実は私、恥ずかしながらヤクザネタが大好きなんですよ。
任侠映画はほぼすべてみましたし、
実話ドキュメントや、実話時代なんかを立ち読みして情報収集しちゃったり
っていう隠れた趣味を持っているのです。

で、この本の著者の後藤氏のことも
雑誌とかインターネットでよく見てて
アメリカで手術した時とか、山口を除名された時なんか
せっせと情報探して見てたもんです。
もちろん、ご本人にはもちろん、関係者の方にすらあったことは無いですし
むしろ、ヤクザの知り合いなんていない善良な市民です。
ただのヤクザファンっていう、お恥ずかしい男です。。。

で、肝心の本の内容といえば、
正直、薄い。
後藤氏が語る形で、進むんだけど
一つ一つの事柄に関する記述が薄いし
全体的に薄い。
前評判から、もっと暴露系かと思ったんですけどね。。。

お昼休みに会社の近所の本屋で買って、
お昼休み中と、帰りの電車、家で少々
合計2時間ちょっとで読み切ってしまいました。。。

1500円は高い買い物をしてしまったかな。。。

でもまあ、書いてあることが本当であれば
こういう上司や兄貴にめぐり合いたいぜっ
なんて少々思ったり、思わなかったり。

さて、次は何を読もうかな。
posted by 渋吉 at 23:31 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
b2fn