aaaaaa

2008年02月24日

麺屋 勘九郎

今日もらーめんな気分(いつもらーめんな気分ですが。。。)
なのでらーめんを食べて帰ることに。

「ぶぶか」「洞窟家」も並んでる。
今日は行列に並ぶ気分ではなかったので両方パス。

なので初挑戦のラーメン屋へ。

末広通り、ブックオフ脇から入ってすぐの地下にある
「麺屋 勘九郎」に。

地下の店内は地上の看板の雰囲気とは違って
ビックリする程オシャレな空間。
ラーメン屋っぽくない。
あまりにもオシャレすぎて30過ぎのおっさんがスーツ姿でいくと
若干浮いてしまう。。。

先客は10人ぐらい。
オシャレな雰囲気のせいかカップルが多い。

水がワイングラスで出てくる。オシャレすぎる。

メニューは
ハーフ&ハーフらあめん・・・とんこつと和風スープのブレンド
勘九郎らあめん・・・京都醤油とんこつ
勘九郎白湯・・・京都白とんこつ
二代目勘九郎辛旨らあめん・・・野菜タップリ衝撃の赤とんこつ

が基本で

それぞれつけ麺もある。

ごはん系や餃子も豊富。


今日は「勘九郎らーめん」をチョイス。

麺屋勘九郎の勘九郎らあめん

まあ、結論から先に言ってしまうと。
あんまり好きじゃない。

スープは醤油色のスープ。
とんこつらしいが、とんこつの味がしない。。。
京都風ってこういうのなのか?
でも、京都で食べたらーめんはもっとウマかった。
同じ京都風なら天下一品の方がぜんぜん好き。

麺は細めで若干縮れていて、少し平たい感じ。
コシがあって美味しいけど、スープがこれだから。。。

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、もやし。
個人的にはもやしはらーめんの具としてはあんまり好きじゃない。
背油ちゃっちゃ系とかこってりめならまだ許せるが、
あっさりスープに入れられると美味しくない。
しかもゆでただけのもやし。
まあ、好みの問題だけどね。

値段が¥600円というのは唯一納得がいく点。

京都風とんこつというのはこれで完成なのか?
それともたまたま今回は運がわるかったのか?

オシャレで、ジャズが流れる店内はいいと思うが、
内装のクオリティーに味がついてきていないかな。

夜遅くまで(4:00)やっているのは好感がもてるが、
多分もういかないかな。。。

美味しくなったっていう噂をきいたらもう一度行ってみようかな。


麺屋勘九郎
麺屋勘九郎
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-2-3
営業時間:平日 11:30〜朝方4:00
     (L.O. 3:30 金・土3:00)
     日曜 11:30〜24:00(L.O. 23:30)




posted by 渋吉 at 01:20 | Comment(0) | 吉祥寺ラーメン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
ak10